【Win・Mac対応】Chromeのタブはキーボードで移動すると超快適だった

アプリ

筆者は仕事での情報収集や調査のために、頻繁にChromeで検索をしています。

Chromeのタブが10個以上あるのは、日常茶飯事です。

多いときは20個くらいのタブが増殖していることもあります。

Chromeのタブを切り替えるためにマウスを握りなおすのが億劫に感じることってありませんか?

本記事では、キーボードのショートカットキーでChromeのタブを切り替える方法を紹介いたします。

ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
じんじん

1971年2月生まれのフリーランス
業務効率化・自動化のコンサルティング&アドバイザー&エンジニア&プログラマー。
IT関連の職歴20年。
家電量販店でのPC販売・サポート→某国内PCメーカーのコールセンターでSV・品質管理・トレーナー→某携帯電話販売会社(東証一部上場企業)の社内ヘルプデスクSV→社内DX推進(RPA開発)を経て独立。
CoconalaでExcelツールの困りごとを解決するサービスを出品中。

じんじんをフォローする

Webブラウザのタブとは

タブとは見出しのことです。

ひとつのブラウザウィンドウで、複数のWebページ情報を表示させる機能です。

初期のWebブラウザにはタブ機能がありませんでした。

そのため複数のWebページを参照すると、ウィンドウも同じ数だけ立ち上がる仕様でした。

スポンサーリンク

タブブラウザのメリット

初期のWebブラウザは下記のようなデメリットがありました

  • 視認性が悪い
  • メモリ消費が大きい

タブブラウザの登場により、1つのブラウザウィンドウで複数のWebページを参照することが可能になり、メモリ消費も抑えることができるようになりました。

Chromeのタブを切り替えるショートカットキー

関連記事>>> 【保存版】Chromeのキャッシュクリア画面を瞬時に表示するショートカットキー

この記事ではPageUpPGUPPageDownPGDNと表記しています。

Windows CTRLを押したままPGUP orPGDNを押します。

Mac  ⌘ optionを押したまま ← or → を押します。

CTRL+PGUPor ⌘ +option+ ← は左に、CTRL+PGDNor ⌘ +option+ → は右に移動します。

キーボードから手を離さずにタブを順番に切り替えができるので、マウスを握りなおす動作を省略できますが、Chromeがアクティブな状態になっていないと切り替えができません。

最後に

マウスを握りなおす動きが多くなると、効率が悪く感じますよね。
でもキーボード操作であれば、すぐにキーボード入力の状態に戻れるので快適です。

キーボードショートカットをうまく活用して、ココロと時間に余白を作りましょう♪

年収アップを目指しませんか

現在の年収や会社に満足していない方は、もう少しだけお付き合いください。

現状に満足できていないのであれば、転職をするべきです。

筆者も転職をしたことで、ITスキルを磨くことができました。

そして転職で得たITスキルは、現在のフリーランス活動の源になっています。

筆者は転職サイトで、たくさんの求人情報の中から希望に合う職種を探して応募していました。

ですが、このやり方は時間と労力を使います。

プライベートの時間が削られます。

本記事をここまで読んでくださったあなたには、もっとラクをして転職を成功してもらいたいです。

筆者のおすすめは、転職エージェントに依頼をする方法です。

転職エージェントのメリット
  • 求人の質が高い
  • 経歴を踏まえて求人情報を紹介してもらえる
  • WEBではわからない内部情報を教えてくれる
  • 応募書類の添削や面接対策をしてくれる
  • 担当者が採用まで協力をしてくれる

転職活動に不安がある方は、リベラルアーツ大学・両学長のYouTube動画を観ておくのがおすすめです。

詳細はこちら
両学長 リベラルアーツ大学

両学長おすすめ転職エージェント>>> JAC Recruitment

ココナラでExcelツールの困りごと解決のサービスを出品中です♪

Excel,VBAマクロの「困った!」を解決します Excel全般のエラーや困りごとを解決します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました